​しびれについて

お尻が痺れる

足が痺れる

腕が痺れる

​・手が痺れる

・うまく力が入らない

​・感覚がおかしい

​これらの症状でお悩みではありませんか?

2334188C-EB91-45B1-B4EE-C5B201C00352_4_5

・坐骨神経痛とは

 

お尻・足の後ろ側・膝・ふくらはぎにかけて現れる、痛み・しびれ・まひなどの症状。 坐骨神経痛は疾患名ではなく、頭痛や腹痛と同じく、症状を表す言葉として使われている。 さまざまな原因によって、坐骨神経が刺激を受けたり圧迫されたりすることで発生する。

坐骨神経痛は原因がはっきりと特定できる場合、症状のひとつとして扱われます。例えば、後述する「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などの疾患が原因のときは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。  
 実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われることが多いです。

​坐骨神経痛が出てしまう疾患

​腰椎椎間板ヘルニア

55AFE790-BCAC-43B2-BAAE-E382BD93DC67.jpe

背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、坐骨神経痛や他の神経症状を起こしてしまいます。


同じ姿勢(とくに中腰や前かがみなど)を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、 発症する危険性があります。

​腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄と、それに続く神経(馬尾(ばび)神経)が通っています。 この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。

代表的な症状として、間欠性歩行が出ます。

間欠性歩行とは、しばらく歩行すると疼痛やしびれなどの出現や増悪により歩行困難となるが、数分間の安静により再び歩行可能になる症状である。神経性と血管性との鑑別が必要である

神経性ー前屈(屈曲)したりしゃがむ姿勢をとることにより、神経組織の圧迫が解除・軽減され、出現した症状が速やかに消失する。

血管性ー歩行中止によって阻血や状態が軽減する、足背動脈の触知が不可となる。
 先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

この他にも…

腰椎分離症やすべり症、梨状筋(りじょうきん)症候群、外傷による圧迫、帯状疱疹、カリエス、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、糖尿病、アルコール依存症、喫煙、ストレスなどの原因で起こる場合もあります。また、これらの疾患や原因がなくても、発症することがあります。

​・足根管症候群

4FFEDA87-CFAC-4B4C-97A4-E80B843EE460.jpe
 

足首の内側、いわゆる「内くるぶし」のかかと側にある神経・血管の通り道「足根管」が何らかの原因で狭くなり後脛骨神経が締め付けされることにより発症します。足根管は靭帯(屈筋支帯)により覆われています。多くは原因が不明の特発性ですが、なかには外傷、ガングリオンなどによる圧迫、きつい靴などを履くことによる外部からの圧迫のこともあります。

症状としては、しびれの感覚は、ピリピリ、ジンジンと表現されることが多いです。その他に、異物付着感、冷感・熱感(ほてり)などいった症状があります。異物付着感は、“足の裏にお餅がくっついている感じ”、“素足で砂利道をあるいている感じ”などと訴えられます。これらの症状が安静時にも強いときには、夜間の不眠の原因になっている場合もあります。

踵に向かう神経の枝は足根管よりも手前で枝分かれするので、これらの症状は一般的に踵には無く足裏の前方にあります。

​・モートン病

男性に比べて中年以降の女性に起こりやすい疾患です。以前は欧米に多い疾患と言われていましたが、外反母趾と同様に、生活の欧米化やこの疾患の認識が広まったことにより、最近では日本でも増加傾向にあります。

年齢を重ねていきますと、徐々に足の変形(扁平足や足の横幅が広くなる開張足など)を生じてきます。それに加えて、中腰での作業、つま先立ちの格好を長時間行う、ランニングを頑張りすぎる、ハイヒールの常用などによって、足趾(足の指)に行く神経が圧迫されやすくなります。

足趾の付け根の関節(中足趾節関節)には、隣り合う中足骨どうしをつないでいる靱帯(深横中足靱帯)があります。そのすぐ足底部(足の裏側)を神経が通過するため、この靱 帯と地面の間で圧迫されて生じる神経障害です。圧迫部の近くには仮性神経腫といわれる、痛みのある塊が形成されることもあります。

​どのような症状がでるのか。その原因とは。

4C5D0AA5-FF02-4EF8-9A33-AC24B2227B45_4_5

個人差はありますが、第3-4趾間(第3趾(中指)と4趾(薬指)の向かい合う側)のしびれ、痛み、焼けつくような感じなどの神経症状が出現します。足趾のつけ根の裏側に小さな痛みのある瘤のような塊(仮性神経腫)を訴えて来院することもあります。

障害部位は、第3-4趾間に最も多く、第2-3、4-5趾間のこともあります。また、時にはふくらはぎあたりまで痛みが及ぶことがあります。

原因としては、先ほど述べた年齢による足の形の変化に加えて、つま先立ちをする格好を長時間続ける、ランニングをやり過ぎる、ハイヒールの常用などで起こりやすくなります。圧迫による障害と炎症による障害のために、さらに痛みやしびれを悪くします。

モートン病は比較的診断が難しい疾患です。圧迫された神経の足趾間に感覚障害があり、隣りあう中足骨の先端の間に痛みのある瘤のような塊と、それと同じ場所にティネルサイン(神経傷害部をたたくとその先に痛みがひびく)があれば診断はほぼ確定できます。

また、足趾を背屈(上に曲げる)するか、つま先立ちをすると痛みが強くなります。また横から第1趾(親指)と第5趾(小指)を挟み込むようにすると痛みが強くなることもあります。

​・胸郭出口症候群

 

このような症状出てませんか?

・肩から手先に掛けてのシビレや痛み,ダルさ

・握力の低下

・手の蒼白感

・手のむくみ

・野球選手であれば投球時・投球後のシビレ

胸郭出口症候群は大きく3つほどに分類されます。

・斜角筋症候群

・小胸筋症候群

・肋鎖症候群

​の3つに分類されます。

82495087-BC8F-4D02-8AB0-91292B691A3B.jpe

・このような症状が現れやすいです

つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作で上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。また、前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。

手指の運動障害や握力低下のある例では、手内筋の萎縮(いしゅく)により手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指側のもりあがり(小指球筋)がやせてきます。

鎖骨下動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって腕は白っぽくなり、痛みが生じます。鎖骨下静脈が圧迫されると、手・腕は静脈血のもどりが悪くなり青紫色になります。

​・肘部管症候群

E3E5BC92-9838-4DDA-873A-A85FF0BC6C59.jpe

・肘部管症候群とは、手指に走って行く神経が3本ありますが、このうちの尺骨神経という神経が肘部で牽引もしくは圧迫を受けて麻痺する病気のことをいいます。

この尺骨神経は小指と薬指の一部の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり、開いたりといった運動を行う作用がある神経です。この神経が障害されると小指と環指の小指側にしびれ感がまず起こります。

はじめのうちはしびれだけですが、だんだんと触った感じが鈍くなっていく感覚障害が進行していき、ボタンがけがしにくい、箸が使いにくいといった細かい作業が出来なくなってきます。さらに運動障害が進むと小指と環指がまっすぐに伸びなかったり、指を開いたり閉じたりといった運動が出来なくなり、握力の低下が起こってきます。

肘の内側の骨の出っ張りの後ろを軽く叩くと小指と環指の一部にしびれを感じたり、痛みが放散したりします。
これは圧迫している部分はどこなのか知る上でみます。

また、患者さんに紙を親指と人差し指で抜けないように指示して持たせたまま引っ張ると、親指を曲げないと引き抜かれてしまうこと(フローマン徴候)が起きます。これは親指の筋力低下が起きているため見られるものです。

​・手根管症候群

A7E11329-2638-4045-9F97-9D78D476E62A.png
 

手根管症候群とは、手の神経が圧迫をうけることで生じる病気です。手には3本の大きな神経がありますが、手の真ん中を通る神経を正中神経といいます。もともとこの神経は手首の手のひらの部位で骨と靭帯に囲まれたトンネルを通っていきます。この限られた空間で慢性的な圧迫を神経が受けることで神経が障害されるのです。

神経は圧迫をうけると神経が障害され症状がでます。だれでも一度は経験したことがあると思いますが、正座を長くすると足がしびれて、力が入らなくなり、ジンジンして痛みがでてきます。これは一時的に神経が圧迫されたときの症状です。このような症状が親指、人差し指、中指、薬指の親指側に見られます。

これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めます。手を振ったり、指の運動をすると楽になることもあります。進行すると親指の付け根の筋肉がやせてきて、細かい作業が困難になります。

手首(手関節)を打腱器などでたたくとしびれ、痛みが指先に響きます。これをティネル様サイン陽性といいます。

手首(手関節)を直角に曲げて手の甲をあわせて保持し、1分間以内にしびれ、痛みが悪化するかどうかを見ます(誘発テスト)。症状が悪化する場合はファレンテスト陽性といいます。母指球の筋力低下や筋萎縮を診ます。