​こんな症状でお困りじゃないですか?

・腰痛やぎっくり腰で困っている

・慢性的な肩こりがある

・股関節が痛い

・体型がなかなか元に戻らない

・下腹がぽっこりと出ている

・尿漏れがある

・手足がむくむ

・冷え性になった

​産後の骨盤が歪む理由

4F63BB27-0E41-4A70-ADA2-074654CDE5D0_4_5

骨盤が歪んでしまう最大の理由は、出産時に骨盤を大きく開くためです。
ずれてしまった骨盤は本来、インナーマッスル等の働きにより元の状態に戻っていきます。

しかし、妊娠中は身体の重心が変わることで歩き方も変わってしまい、骨盤を支える筋肉のバランスが崩れやすくなっています。

また、妊娠後期に分泌されるリラキシンというホルモンには、骨盤の靭帯をゆるめる作用があり、出産前後は骨盤が非常にずれやすい状態にあります。

そんな中、子育てや家事、職場復帰などの日常生活に戻ることで、骨盤の歪みはますます強くなっていきます。

これが、産後に骨盤が歪んでしまう大きな理由です。

産後に歪みが改善しない、悪化してしまう理由

骨盤の歪みは、生活リズムの変化や運動不足にも大きく影響されます。

例えば、子育てが始まり、子供を抱っこする時間が長くなると、背骨や骨盤の正しい位置の維持が因難になります。また、抱っこにもクセができ、片方の腕ばかりで抱っこをしてしまうと、さらに歪みが進行します。

子育てをしながら家事や仕事に励むという状況が、治療に集中する時間が取れない要因にもなっており、症状の悪化につながっていくのです。

​産後骨盤矯正はいつ受けられるの?

出産後の1~2ヶ月の間は、体力回復期問で、骨盤はとても不安定な状態です。

その間に、産後の骨盤に刺激を与えることは望ましくないため、自然分娩の方は2ヶ月後から、帝王切開の方は3ヶ月後からが産後の骨盤矯正をスタートする適切な時期です。

また、妊娠期間中に分泌されるリラキシンには、間接を柔らかくする作用があるため、リラキシンが作用している期間にしっかりと矯正を行うことで、より高い効果が期待できるのです。

産後1年以上が経過している方でも、骨盤が開いたまま固定してしまっている方も多くいらっしゃいます。ポッコリおなかが気になる方や、産後に腰痛になりやすくなったという方は、いまからでも産後骨盤矯正を受けることを強くお勧めいたします。