​膝の痛み

5BA1354C-215A-406A-B24A-6B61080A5691.jpe

​半月板損傷

 

半月は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨様の板で内側・外側にそれぞれがあり、クッションの役割をはたしています。これが損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月板に微妙な外力が加わって痛める場合があります。

前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものとがあります。

半月は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。

徒手検査や症状の経過からも予測可能ですが、単純X線(レントゲン)写真では半月板は写りません。症状や診察で半月板損傷を疑えば整形外科や病院へ紹介をします。

 

​前十字靭帯損傷

スポーツ外傷として頻度が高く、ジャンプ後の着地、疾走中の急激な方向転換・ストップ動作、相手との衝突などによって、膝関節に異常な回旋力が加わって損傷します。受傷時には『ブツッ』という断裂音(だんれつおん)を感じたり、膝が外れた感じがしたり、激しい痛みを伴ったり、徐々に膝が腫れて曲りが悪くなったりします。膝の関節内に出血が見られることがあります。

急性期を過ぎると痛みと腫れが軽減し、病院への受診と診断が遅れてしまう場合もあります。しかし、前十字靭帯の正常な緊張がなくなると、関節の安定性が損なわれ、膝が容易にガクッと外れるような 膝崩れという現象が生じます。部分的な損傷で膝崩れをほとんど生じない方もいますが、損傷した前十字靱帯が自然経過中で100%の状態にまで修復することは極めて難しいと考えられています。なので、早めの対応が大事になってきます。

スポーツ活動や日常生活動作で弛さを感じたり、膝崩れを起こしてしまった場合、そのまま放置すると関節内の半月板や軟骨を損傷してしまうリスクが高くなります。半月板や軟骨が痛んでくる病気は変形性膝関節症といって、一般的には関節軟骨がすり減って痛む高齢者に多い疾患とされています。しかし、前十字靭帯の機能不全によって若年者でも生じることがあり、進行してしまうと日常生活動作にも大きな支障をきたしてしまいます。

 

​変形性関節症

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎによりすり減り、関節が変形します。

​当院ができる治療は、膝関節を覆う筋肉の使い方の指導や筋力UPさせるための筋トレの指導をし、膝関節にかかる負担を少しでも軽減できるようにします。筋肉を正しく使えると余計な負担がかかることがないので、変形の進行を遅らせることができます。

オスグッド・シュラッター病

 

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールを蹴るスポーツをし過ぎると、発生することが多い。

大腿四頭筋の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。
この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

膝のお皿の下骨が突き出てくる。膝のお皿の下あたりが赤く腫れる、熱を持つ、痛みがある。運動をすると痛み、休むと治る

​などの症状が出てきます。

脛骨粗面部の痛みの程度は、歩行や階段昇降が困難な状態からランニングが困難な状態まで個々の症例により異なります。大腿四頭筋やハムストリングスの硬さがしばしま見られます。

​当院でできる治療としては、膝の使い方の指導や大腿四頭筋の筋肉調整など腱にかかっている負担を減らして、痛みを軽減させます。

​シンスプリント

 

シンスプリントとは脛骨過労性骨膜炎を指し、下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生することを特徴とします。痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まります。ある一点に集中する痛み(この場合は疲労骨折の可能性も)とは違い、 筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。

多くの場合、不快感は運動開始時に現れ、そのあと消えて運動が終了するとまた戻ってきたりします。

症状が進むにつれ、不快感は段々ひどくなり、運動している最中はずっと持続するようになります。 そして最終的には、ベッドから起きる時や日常生活の他の動作の最中にも痛みが伴うようになってしまいます。

この障害はランナーに多くみられますが、どんなスポーツでも、シーズンの始めや新学期に新入部員がハードなトレーニングを集中的に行った場合に頻発します。硬い地面の上を繰り返しランニングする、足部を背屈させる(つま先を上げる)筋肉を過剰に使いすぎる、などが原因となります。土踏まずが潰れてしまっている人もシンスプリントになりやすいです。