​腕の症状

71F3FFB5-17F1-45F9-A8BC-99B8A62B68CC_4_5

​ゴルフ肘・テニス肘・野球肘(内側上顆炎

 

・肘の内側に痛みが走る
・ゴルフのスイング時に強く痛む

・テニスのストローク時に痛む
・重い物を持ち上げると肘が痛い

・投球動作により痛みが出る

このような痛みに悩んでいたら、ゴルフ肘・テニス肘・野球肘(内側上顆炎)の可能性が高いです。

症状の特徴として、「手首や肘の曲げ伸ばし」「重いもの物を持つ」「雑巾を絞る」「ペンや箸を持つ」などの動作で痛みが現れます。
ゴルフでスイングした際に肘の内側に痛みが出やすいことから、一般的に『ゴルフ肘』と言われ、ゴルフの際に痛めたものだと思われがちです。

繰り返しテニスのストロークを行ったことで手の関節や肘付近の筋肉に大きな負担がかかり、筋肉や腱の変性、骨膜の炎症などが発症し痛みが消えなくなる症状です。安静にしていれば痛みはありません。

ゴルフ肘・テニス肘(外側上顆炎

 

・肘の外側が痛む

​・腕を動かすと肘の外側が痛い

​・重たいものを持ち上げるのが辛い。

・手首を上に上げるのが辛い

・デスクワーク中、肘や手首が痛くなる。

​このような症状が出る方は外側上顆炎の可能性が高いです。

テニスのバックハンドやゴルフでうまく打てなくて腕打ちになってしまっている方に多く症状が発現します。

デスクワークでも手首をずっとあげていると痛みが出てきたりします。

​大体の方が筋肉の疲労を超えて、肘付近や手首付近に痛みが出てきたりします。

安静にしていると、痛みは自然に消えることが多いです。でもまたゴルフやテニスをしたり、デスクワークの過労が続くと再発することが多いです。身体の使い方を変えいかないと根本的な治療につながることはないです。

​腱鞘炎

 

・パソコン仕事が多くて手首や指が痛くなる

・産後の育児で子供の抱っこなどで親指や手首が痛くて辛い

・床に手を着くたびに手首が痛い

・親指が痛くてペットボトルや瓶のフタが回せない

​こんな症状のある人は腱鞘炎になっている可能性が高いです。

一般的には使い過ぎ(オーバーユース)と言われています。
使いすぎのため腱や腱鞘(けんしょう)に炎症が起こり指や手首に痛みが出る症状が起こります。

腱鞘炎はオーバーユースと言われていますが、根本の原因は使い方の悪さにあると考えています。

​安静にして、回復しても再発のリスクは高いです。

​肘内障

 

肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)がはずれかかることによって起こります。
多くは、5歳以下の子供にみられます。

腕を真っ直ぐにしている時や、幼児が大人から衝動的に離れようとした時に、しばしば大人や、幼児より背の高い人に幼児の腕が引っ張られて生じる。 転落やひねったりすることでも生じる。 幼児はすぐに痛みを訴え、腕を使えなくなります。

​手首の痛みを訴えられることがあります。

僕たち柔道整復師は肘内障を整復することができます。子供の手を引っ張って、痛みを訴える場合はほとんどが肘内障になるので、いつでもご相談ください。

​CM関節症

 

・瓶のふたを開けようとする時、ドアの取手など何かをつかむ時、手が痛い

・ホチキスやハサミを使う時に痛みがある

・手の親指の付け根あたりが膨らんでいる

こんな経験ありませんか?このような症状があると、CM関節症の疑いがあります。

親指の付け根がピリッと感じたり、親指をうまく使うことができないなど​

痛みを放置してしまったりしていませんか?

その痛みは“変形性関節症”のひとつ、「母指CM関節症」かもしれません

「母指CM関節症」は、他の変形性関節症と同様、圧倒的に女性の罹患が多くなっています。
特に、更年期以降は加齢による老化現象として、関節軟骨がすり減りやすく、関節の炎症を起こしやすくなります。

また、若い人でもCM関節部分の亜脱臼や骨折後に発症する場合もあります。

「母指CM関節症」は、時間の経過と共に良くなっていくことがありますが、慢性的なCM関節症に移行してしまう恐れがあるので、早めの治療をお勧めします。

へバーデン結節

 

指の一番先にある関節(DIP関節)に起こる変形性関節症です。
年齢や体質によりますが、女性ホルモンの影響もあることが判ってきています。

実際に40歳以上によく見られる。オーバーユースも発症リスクが上がると言われている。

DIP関節の関節軟骨が摩耗減少し、疼痛が生じます。進行すると関節が滑らかさが失われるため、骨が変形していき、関節の可動域も減少してしまいます。変形の程度には個人差がかなりありますが、ほとんどのケースで多数本の指に生じます。

粘液嚢腫病態(ミューカスシスト)という水イボのような膨らみが生じることがありますすが、自然に破れたり、針を刺して水を抜いたりしようとすると、感染が生じ、骨髄炎に至る可能性もあるため、注意が必要です。

「母指CM関節症」は、時間の経過と共に良くなっていくことがありますが、慢性的なCM関節症に移行してしまう恐れがあるので、早めの治療をお勧めします。

​当院でできることは、テーピングや超音波を用いて少しでも痛みや、動かしにくさを軽減させ症状が悪化しないように努めます。