​肩の症状

71F3FFB5-17F1-45F9-A8BC-99B8A62B68CC_4_5

​肩こり

 

勉強、仕事などで同じ姿勢を続けると、首、肩、背中の筋肉が疲れ、
疲労物質がたまり、張る、凝る、突っ張る等の症状が出てきます。
ご存じない方も多いのですが、寝不足、ストレスも肩こりの原因となります。

肩の違和感・症状を放置すると、かたまった筋肉が血管を圧迫し、
肩こりが更に悪化し、最終的には末梢神経が傷つき、痛みやしびれが生じます。

​四十肩・五十肩

 

五十肩というのは、40~50代にかけて現れやすい症状である為そう呼ばれるようになった俗称であり、正式な名称は肩関節周囲炎といいます。

肩の関節周囲の筋肉・腱・靭帯・関節を包んでいる膜などの軟部組織の病変により、痛みと可動域制限が現れます。

五十肩の症状として、「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限されること」の2つです。 五十肩の痛みはある日突然くることもあるし、じわじわと来ることもあります。 どちらかといえば後者がほとんどで、前者はそれほど多くはありません。 痛みと同時に肩の腫れや熱っぽさを伴うこともあります。

​石灰沈着性腱板炎

 

石灰沈着性腱板炎とは、肩腱板の表層や腱板の上腕骨付着部に石灰が生じる病気です。 40~50歳代女性に多く、突然誘因なく、激痛が走り、腕を動かすことができないのが特徴ですが、原因は不明です。 関節包等が癒着する『拘縮肩』へつながることも少なくありません。