​鍼灸治療とは

人の身体が本来持っている、免疫力や自然治癒力(自分で自分の身体を治す力)を正常に戻し活性化させる鍼灸施術は世界からも注目されている施術法です。

鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用することで、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけると考えられています。

つぼを刺激し、血行を良くすることで自然治癒力を高めます。固い筋肉を柔らかくして痛みをとったり、冷え(クーラーなどによる冷えにも効果あり)むくみ、月経痛、月経前症候群(月経開始前に感じるイライラ、気分の沈み、下腹部の痛みなどの身体不調)食欲不振、全身倦怠感などの改善が期待出来ます。

当院では、鍼施術には使い捨てのディスポ針を使用しておりますので、衛生的で安心です。

​鍼って痛くないの?

5ED190C6-0753-44F8-AFED-D39656D35445.jpe

鍼施術は「痛そう」「怖そう」などというイメージから、敬遠される方もいらっしゃると思いますが、鍼自体は髪の毛よりも細く、刺すというよりもトントンとたたくようにして、瞬間的に皮膚を通過させてしまうため、ほとんど痛みを感じることはありません。心地よさに寝てしまう方も多くいらっしゃいます。

WHO(世界保健機関)が鍼灸療法の有効性を認めた疾患

神経系疾患

痙攣 脳卒中後遺症 自律神経失調症 頭痛 めまい 不眠 神経症 ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

関節炎 リウマチ 頚肩腕症候群 頚椎捻挫後遺症 五十肩 腱鞘炎 腰痛 外傷の後遺症(骨折、打撲、むち打ち、捻挫

循環器系疾患

心臓神経症 動脈硬化症 高血圧、低血圧症 動悸 息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎 喘息 風邪および予防

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘) 胆嚢炎 肝機能障害 肝炎 胃十二指腸潰瘍 痔疾

代謝内分泌系疾患

バセドウ病 糖尿病 痛風 脚気 貧血

​生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎 尿道炎 性機能障害 尿閉 腎炎 前立腺肥大 陰萎

婦人科系疾患

更年期障害 乳腺炎 白帯下 生理痛 月経不順 冷え性 血の道 不妊

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎 耳鳴 難聴 メニエル氏病 鼻出血 鼻炎 ちくのう 咽喉頭炎 へんとう炎

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠) 小児喘息 アレルギー性湿疹 耳下腺炎 夜尿症 虚弱体質の改善